万葉集 第10巻 2230番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2230番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2230番歌

第10巻
歌番号 2230番歌
作者 作者不詳
題詞 詠風
原文 戀乍裳 稲葉掻別 家居者 乏不有 秋之暮風
訓読 恋ひつつも稲葉かき別け家居れば乏しくもあらず秋の夕風
かな こひつつも いなばかきわけ いへをれば ともしくもあらず あきのゆふかぜ
英語(ローマ字) KOHITSUTSUMO INABAKAKIWAKE IHEWOREBA TOMOSHIKUMOARAZU AKINOYUFUKAZE
本宅が恋しい。稲の葉をかきわけるように作られた仮小屋にいると、しきりに吹く秋の夕風(秋の到来)が身にこたえる。
左注
校異
用語 秋雑歌、季節
タイトルとURLをコピーしました