万葉集 第10巻 2006番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2006番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2006番歌

第10巻
歌番号 2006番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 (七夕)
原文 孫星 嘆須つ 事谷毛 告<尓>叙来鶴 見者苦弥
訓読 彦星は嘆かす妻に言だにも告げにぞ来つる見れば苦しみ
かな ひこほしは なげかすつまに ことだにも つげにぞきつる みればくるしみ
英語(ローマ字) HIKOHOSHIHA NAGEKASUTSUMANI KOTODANIMO TSUGENIZOKITSURU MIREBAKURUSHIMI
彦星は言葉だけでもかけようと、一年一度の逢う瀬にやってきた。が、嘆き悲しむ妻に逢うと、心苦しくて言葉も出なかった。
左注 (右柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異 余 尓 [元][類][紀]
用語 秋雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、非略体、七夕
タイトルとURLをコピーしました