万葉集 第10巻 1860番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1860番歌はこちらにまとめました。

第10巻 1860番歌

第10巻
歌番号 1860番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠花)
原文 花咲而 實者不成登裳 長氣 所念鴨 山振之花
訓読 花咲きて実はならねども長き日に思ほゆるかも山吹の花
かな はなさきて みはならねども ながきけに おもほゆるかも やまぶきのはな
英語(ローマ字) HANASAKITE MIHANARANEDOMO NAGAKIKENI OMOHOYURUKAMO YAMABUKINOHANA
山吹の花は実がならないけれども、咲くまでだけでも随分長くかかる花だなあ。
左注
校異
用語 春雑歌、植物、比喩
タイトルとURLをコピーしました