万葉集 第10巻 1924番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1924番歌はこちらにまとめました。

第10巻 1924番歌

第10巻
歌番号 1924番歌
作者 作者不詳
題詞 贈蘰
原文 大夫之 伏居嘆而 造有 四垂柳之 蘰為吾妹
訓読 大夫の伏し居嘆きて作りたるしだり柳のかづらせ我妹
かな ますらをの ふしゐなげきて つくりたる しだりやなぎの かづらせわぎも
英語(ローマ字) MASURAWONO FUSHIゐNAGEKITE TSUKURITARU SHIDARIYANAGINO KADURASEWAGIMO
このカズラは立派な男子たる私が女々しくも嘆きながら家にこもって一生懸命しだれ柳で作ったものです。だからちゃんと髪に巻いて飾ってね。
左注
校異
用語 春相聞、植物、恋情
タイトルとURLをコピーしました