万葉集 第10巻 2029番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2029番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2029番歌

第10巻
歌番号 2029番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 (七夕)
原文 天漢 梶音聞 孫星 与織女 今夕相霜
訓読 天の川楫の音聞こゆ彦星と織女と今夜逢ふらしも
かな あまのがは かぢのおときこゆ ひこほしと たなばたつめと こよひあふらしも
英語(ローマ字) AMANOGAHA KADINOOTOKIKOYU HIKOHOSHITO TANABATATSUMETO KOYOHIAFURASHIMO
天の川に舟こぐ楫の音が聞こえる。彦星と織女が今宵逢うらしい。
左注 (右柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 秋雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、非略体、七夕
タイトルとURLをコピーしました