万葉集 第10巻 2106番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2106番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2106番歌

第10巻
歌番号 2106番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠花)
原文 沙額田乃 野邊乃秋芽子 時有者 今盛有 折而将挿頭
訓読 沙額田の野辺の秋萩時なれば今盛りなり折りてかざさむ
かな さぬかたの のへのあきはぎ ときなれば いまさかりなり をりてかざさむ
英語(ローマ字) SANUKATANO NOHENOAKIHAGI TOKINAREBA IMASAKARINARI WORITEKAZASAMU
額田の野辺の秋萩はまさしく今真っ盛り。手折って髪飾りにしよう。
左注
校異
用語 秋雑歌、地名、植物
タイトルとURLをコピーしました