万葉集 第10巻 2107番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2107番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2107番歌

第10巻
歌番号 2107番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠花)
原文 事更尓 衣者不<揩> 佳人部為 咲野之芽子尓 丹穂日而将居
訓読 ことさらに衣は摺らじをみなへし佐紀野の萩ににほひて居らむ
かな ことさらに ころもはすらじ をみなへし さきののはぎに にほひてをらむ
英語(ローマ字) KOTOSARANI KOROMOHASURAJI WOMINAHESHI SAKINONOHAGINI NIHOHITEWORAMU
わざわざ着物を摺り染めにしなくともよい。女郎花が咲いている野に一面に咲く萩に染まっていよう。
左注
校異 摺 揩 [元][類]
用語 秋雑歌、奈良、地名、植物
タイトルとURLをコピーしました