万葉集 第10巻 2093番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2093番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2093番歌

第10巻
歌番号 2093番歌
作者 作者不詳
題詞 (七夕)反歌
原文 妹尓相 時片待跡 久方乃 天之漢原尓 月叙經来
訓読 妹に逢ふ時片待つとひさかたの天の川原に月ぞ経にける
かな いもにあふ ときかたまつと ひさかたの あまのかはらに つきぞへにける
英語(ローマ字) IMONIAFU TOKIKATAMATSUTO HISAKATANO AMANOKAHARANI TSUKIZOHENIKERU
彼女に逢える時が来るのをひたすら待ち続け、天の川原で何ヶ月も過ごしてきました。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 秋雑歌、七夕
タイトルとURLをコピーしました