万葉集 第10巻 2203番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2203番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2203番歌

第10巻
歌番号 2203番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠黄葉)
原文 里異 霜者置良之 高松 野山司之 色付見者
訓読 里ゆ異に霜は置くらし高松の野山づかさの色づく見れば
かな さとゆけに しもはおくらし たかまつの のやまづかさの いろづくみれば
英語(ローマ字) SATOYUKENI SHIMOHAOKURASHI TAKAMATSUNO NOYAMADUKASANO IRODUKUMIREBA
里とは異なって、あそこ高松の野山には霜が降りているようだ。野山の高みが色づいているのを見ると。
左注
校異
用語 秋雑歌、奈良、高円、地名、季節、属目
タイトルとURLをコピーしました