万葉集 第10巻 2166番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2166番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2166番歌

第10巻
歌番号 2166番歌
作者 作者不詳
題詞 詠鳥
原文 妹手<呼> 取石池之 浪間従 鳥音異鳴 秋過良之
訓読 妹が手を取石の池の波の間ゆ鳥が音異に鳴く秋過ぎぬらし
かな いもがてを とろしのいけの なみのまゆ とりがねけになく あきすぎぬらし
英語(ローマ字) IMOGATEWO TOROSHINOIKENO NAMINOMAYU TORIGANEKENINAKU AKISUGINURASHI
妻の手を取るというのではないが、取石の池の波の間から異様に鳴く鳥の声がする。秋は過ぎ去ったようだ。
左注
校異 乎 呼 [元][類]
用語 秋雑歌、大阪府、高石市、地名、枕詞、動物、季節
タイトルとURLをコピーしました