万葉集 第10巻 2288番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2288番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2288番歌

第10巻
歌番号 2288番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄花)
原文 石走 間々生有 皃花乃 花西有来 在筒見者
訓読 石橋の間々に生ひたるかほ花の花にしありけりありつつ見れば
かな いしはしの ままにおひたる かほばなの はなにしありけり ありつつみれば
英語(ローマ字) ISHIHASHINO MAMANIOHITARU KAHOBANANO HANANISHIARIKERI ARITSUTSUMIREBA
飛び石のあいだ、あいだに咲く美しいどの花にも彼女は似ている。見れば見るほどいい子だ。
左注
校異
用語 秋相聞、植物
タイトルとURLをコピーしました