万葉集 第10巻 2156番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2156番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2156番歌

第10巻
歌番号 2156番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠鹿鳴)
原文 足日木乃 山之跡陰尓 鳴鹿之 聲聞為八方 山田守酢兒
訓読 あしひきの山の常蔭に鳴く鹿の声聞かすやも山田守らす子
かな あしひきの やまのとかげに なくしかの こゑきかすやも やまたもらすこ
英語(ローマ字) ASHIHIKINO YAMANOTOKAGENI NAKUSHIKANO KOゑKIKASUYAMO YAMATAMORASUKO
山中のうっそうと茂った木陰で鳴く鹿の声をお聞きでしょうか。山中で田を耕す乙女よ。
左注
校異
用語 秋雑歌、枕詞、動物
タイトルとURLをコピーしました