万葉集 第10巻 1856番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1856番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 1856番歌

第10巻
歌番号 1856番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠花)
原文 我刺 柳絲乎 吹乱 風尓加妹之 梅乃散覧
訓読 我がかざす柳の糸を吹き乱る風にか妹が梅の散るらむ
かな わがかざす やなぎのいとを ふきみだる かぜにかいもが うめのちるらむ
英語(ローマ字) WAGAKAZASU YANAGINOITOWO FUKIMIDARU KAZENIKAIMOGA UMENOCHIRURAMU
私が髪にかざしている柳の細枝は吹き抜ける風で乱れている。彼女が髪にかざしている梅花も風で散っているだろうな。
左注
校異
用語 春雑歌、植物、季節
タイトルとURLをコピーしました