万葉集 第10巻 2193番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2193番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2193番歌

第10巻
歌番号 2193番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠黄葉)
原文 秋風之 日異吹者 水莫能 岡之木葉毛 色付尓家里
訓読 秋風の日に異に吹けば水茎の岡の木の葉も色づきにけり
かな あきかぜの ひにけにふけば みづくきの をかのこのはも いろづきにけり
英語(ローマ字) AKIKAZENO HINIKENIFUKEBA MIDUKUKINO WOKANOKONOHAMO IRODUKINIKERI
秋風が日増しに強く吹くようになってきてみずみずしい草の生える岡の木々も色づいてきた。
左注
校異
用語 秋雑歌、植物、季節、属目
タイトルとURLをコピーしました