万葉集 第10巻 2192番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2192番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2192番歌

第10巻
歌番号 2192番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠黄葉)
原文 吾背兒我 白細衣 徃觸者 應染毛 黄變山可聞
訓読 我が背子が白栲衣行き触ればにほひぬべくももみつ山かも
かな わがせこが しろたへころも ゆきふれば にほひぬべくも もみつやまかも
英語(ローマ字) WAGASEKOGA SHIROTAHEKOROMO YUKIFUREBA NIHOHINUBEKUMO MOMITSUYAMAKAMO
あの人が真っ白な着物姿で歩いていって、黄葉に触れるとたちまち黄葉色に染まるに相違ないと思われるほど山は見事に色づいている。
左注
校異
用語 秋雑歌、季節、属目
タイトルとURLをコピーしました