万葉集 第10巻 2152番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2152番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2152番歌

第10巻
歌番号 2152番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠鹿鳴)
原文 秋芽子之 散過去者 左<小壮>鹿者 和備鳴将為名 不見者乏焉
訓読 秋萩の散り過ぎゆかばさを鹿はわび鳴きせむな見ずはともしみ
かな あきはぎの ちりすぎゆかば さをしかは わびなきせむな みずはともしみ
英語(ローマ字) AKIHAGINO CHIRISUGIYUKABA SAWOSHIKAHA WABINAKISEMUNA MIZUHATOMOSHIMI
萩の花が散ってしまうと、牡鹿は萩の花を見る機会が少なくて見られなくなり、侘びしい声で鳴き立てるのだろうか。
左注
校異 牡 小壮 [元][類]
用語 秋雑歌、植物、動物
タイトルとURLをコピーしました