万葉集 第10巻 2153番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2153番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2153番歌

第10巻
歌番号 2153番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠鹿鳴)
原文 秋芽子之 咲有野邊者 左小<壮>鹿曽 露乎別乍 嬬問四家類
訓読 秋萩の咲きたる野辺はさを鹿ぞ露を別けつつ妻どひしける
かな あきはぎの さきたるのへは さをしかぞ つゆをわけつつ つまどひしける
英語(ローマ字) AKIHAGINO SAKITARUNOHEHA SAWOSHIKAZO TSUYUWOWAKETSUTSU TSUMADOHISHIKERU
萩の花が咲き乱れている野辺。その野辺を露の降りた草々を踏み分けつつ牡鹿は歩き回り、妻を求めて鳴き立てている。
左注
校異 牡 壮 [元][類]
用語 秋雑歌、植物、動物
タイトルとURLをコピーしました