万葉集 第10巻 2091番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2091番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2091番歌

第10巻
歌番号 2091番歌
作者 作者不詳
題詞 (七夕)(反歌)
原文 彦星之 <河>瀬渡 左小舟乃 得行而将泊 河津石所念
訓読 彦星の川瀬を渡るさ小舟のい行きて泊てむ川津し思ほゆ
かな ひこほしの かはせをわたる さをぶねの いゆきてはてむ かはづしおもほゆ
英語(ローマ字) HIKOHOSHINO KAHASEWOWATARU SAWOBUNENO IYUKITEHATEMU KAHADUSHIOMOHOYU
牽牛の小舟が川瀬を渡って(織姫の待つ)向こう岸にいく。その港はどんな所だろうと、思いを馳せる。
左注
校異 川 河 [元][類][紀]
用語 秋雑歌、七夕
タイトルとURLをコピーしました