万葉集 第10巻 2116番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2116番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2116番歌

第10巻
歌番号 2116番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠花)
原文 白露尓 荒争金手 咲芽子 散惜兼 雨莫零根
訓読 白露に争ひかねて咲ける萩散らば惜しけむ雨な降りそね
かな しらつゆに あらそひかねて さけるはぎ ちらばをしけむ あめなふりそね
英語(ローマ字) SHIRATSUYUNI ARASOHIKANETE SAKERUHAGI CHIRABAWOSHIKEMU AMENAFURISONE
白露が降りる秋がやってきて、それに抗し切れず、萩が花を咲かせた。その萩が散るのは惜しい。雨よ、降らないでおくれ、頼むから。
左注
校異
用語 秋雑歌、植物
タイトルとURLをコピーしました