万葉集 第10巻 2117番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2117番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2117番歌

第10巻
歌番号 2117番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠花)
原文 D嬬等<尓> 行相乃速稲乎 苅時 成来下 芽子花咲
訓読 娘女らに行相の早稲を刈る時になりにけらしも萩の花咲く
かな をとめらに ゆきあひのわせを かるときに なりにけらしも はぎのはなさく
英語(ローマ字) WOTOMERANI YUKIAHINOWASEWO KARUTOKINI NARINIKERASHIMO HAGINOHANASAKU
田に出入りする乙女たちに出会う季節、すなわち早稲(わせ)の刈り入れの時節がやってきたようだ。萩の花も咲いている。
左注
校異 <> 尓 [類][紀]
用語 秋雑歌、植物
タイトルとURLをコピーしました