万葉集 第10巻 1951番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1951番歌はこちらにまとめました。

第10巻 1951番歌

第10巻
歌番号 1951番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠鳥)
原文 慨哉 四去霍公鳥 今社者 音之干蟹 来喧響目
訓読 うれたきや醜霍公鳥今こそば声の嗄るがに来鳴き響めめ
かな うれたきや しこほととぎす いまこそば こゑのかるがに きなきとよめめ
英語(ローマ字) URETAKIYA SHIKOHOTOTOGISU IMAKOSOBA KOゑNOKARUGANI KINAKITOYOMEME
ああ、いまいましい、馬鹿ホトトギス。今、この今こそやってきて声のかすれるまで鳴かんかい!
左注
校異
用語 夏雑歌、動物
タイトルとURLをコピーしました