万葉集 第10巻 1819番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1819番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 1819番歌

第10巻
歌番号 1819番歌
作者 作者不詳
題詞 詠鳥
原文 打霏 春立奴良志 吾門之 柳乃宇礼尓 鴬鳴都
訓読 うち靡く春立ちぬらし我が門の柳の末に鴬鳴きつ
かな うちなびく はるたちぬらし わがかどの やなぎのうれに うぐひすなきつ
英語(ローマ字) UCHINABIKU HARUTACHINURASHI WAGAKADONO YANAGINOURENI UGUHISUNAKITSU
春がやってきたのだろう。我が家の門に靡いている柳の梢にウグイスがとまって鳴いている。
左注
校異
用語 春雑歌、季節、植物、動物
タイトルとURLをコピーしました