万葉集 第10巻 1818番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1818番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 1818番歌

第10巻
歌番号 1818番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞
原文 子等名丹 關之宜 朝妻之 片山木之尓 霞多奈引
訓読 子らが名に懸けのよろしき朝妻の片山崖に霞たなびく
かな こらがなに かけのよろしき あさづまの かたやまきしに かすみたなびく
英語(ローマ字) KORAGANANI KAKENOYOROSHIKI ASADUMANO KATAYAMAKISHINI KASUMITANABIKU
朝妻山の名に負う鹿たちが住む片山崖(背後が断崖)に霞がたなびいている。
左注 右柿本朝臣人麻呂歌集出
校異 歌 [西] 謌
用語 春雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、非略体、御所市、奈良県、地名、季節、序詞
タイトルとURLをコピーしました