万葉集 第10巻 1904番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1904番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 1904番歌

第10巻
歌番号 1904番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄花)
原文 梅花 四垂柳尓 折雜 花尓供養者 君尓相可毛
訓読 梅の花しだり柳に折り交へ花に供へば君に逢はむかも
かな うめのはな しだりやなぎに をりまじへ はなにそなへば きみにあはむかも
英語(ローマ字) UMENOHANA SHIDARIYANAGINI WORIMAJIHE HANANISONAHEBA KIMINIAHAMUKAMO
梅の花としだれ柳を折り混ぜ、束にしてお供えしたらあの方に逢えるだろうか。
左注
校異
用語 春相聞、植物、恋情
タイトルとURLをコピーしました