万葉集 第10巻 2172番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2172番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2172番歌

第10巻
歌番号 2172番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠露)
原文 吾屋戸之 麻花押靡 置露尓 手觸吾妹兒 落巻毛将見
訓読 我が宿の尾花押しなべ置く露に手触れ我妹子散らまくも見む
かな わがやどの をばなおしなべ おくつゆに てふれわぎもこ ちらまくもみむ
英語(ローマ字) WAGAYADONO WOBANAOSHINABE OKUTSUYUNI TEFUREWAGIMOKO CHIRAMAKUMOMIMU
庭のススキがたわむほどぴっしりついた露。妻よ、それに触ってみてくれないか。露がこぼれ落ちるのを見てみたいから。
左注
校異
用語 秋雑歌、植物
タイトルとURLをコピーしました