万葉集 第10巻 2085番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2085番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2085番歌

第10巻
歌番号 2085番歌
作者 作者不詳
題詞 (七夕)
原文 天漢 湍瀬尓白浪 雖高 直渡来沼 時者苦三
訓読 天の川瀬々に白波高けども直渡り来ぬ待たば苦しみ
かな あまのがは せぜにしらなみ たかけども ただわたりきぬ またばくるしみ
英語(ローマ字) AMANOGAHA SEZENISHIRANAMI TAKAKEDOMO TADAWATARIKINU MATABAKURUSHIMI
天の川の各瀬には白波が高く立っているが、瀬を選んで回り道をしていると遅くなるので、それが耐え難くて一直線に渡ってきました。
左注
校異
用語 秋雑歌、七夕
タイトルとURLをコピーしました