万葉集 第10巻 2086番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2086番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2086番歌

第10巻
歌番号 2086番歌
作者 作者不詳
題詞 (七夕)
原文 牽牛之 嬬喚舟之 引<綱>乃 将絶跡君乎 吾<之>念勿國
訓読 彦星の妻呼ぶ舟の引き綱の絶えむと君を我が思はなくに
かな ひこほしの つまよぶふねの ひきづなの たえむときみを わがおもはなくに
英語(ローマ字) HIKOHOSHINO TSUMAYOBUFUNENO HIKIDUNANO TAEMUTOKIMIWO WAGAOMOHANAKUNI
彦星の妻を呼ぶ舟が引き綱に引かれていく。その綱が切れてしまうことがあるでしょうか。決してあり得ないあなたと思っています。
左注
校異 綱 [西(上書訂正)][元][類][紀] / 久 之 [万葉考]
用語 秋雑歌、七夕
タイトルとURLをコピーしました