万葉集 第10巻 2286番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2286番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2286番歌

第10巻
歌番号 2286番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄花)
原文 吾屋戸尓 開秋芽子 散過而 實成及丹 於君不相鴨
訓読 我が宿に咲きし秋萩散り過ぎて実になるまでに君に逢はぬかも
かな わがやどに さきしあきはぎ ちりすぎて みになるまでに きみにあはぬかも
英語(ローマ字) WAGAYADONI SAKISHIAKIHAGI CHIRISUGITE MININARUMADENI KIMINIAHANUKAMO
庭に咲いていた萩の花も散ってしまい、もう実になる頃になるというのに、あなた様にはお逢いできぬままですのね。
左注
校異
用語 秋相聞、植物、恋情
タイトルとURLをコピーしました