万葉集 第10巻 1881番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1881番歌はこちらにまとめました。

第10巻 1881番歌

第10巻
歌番号 1881番歌
作者 作者不詳
題詞 (野遊)
原文 春霞 立春日野乎 徃還 吾者相見 弥年之黄土
訓読 春霞立つ春日野を行き返り我れは相見むいや年のはに
かな はるかすみ たつかすがのを ゆきかへり われはあひみむ いやとしのはに
英語(ローマ字) HARUKASUMI TATSUKASUGANOWO YUKIKAHERI WAREHAAHIMIMU IYATOSHINOHANI
霞がかかっている春の野を行ったり来たり、互いに相集おうではないか、来る年も来る年も。
左注
校異
用語 春雑歌、奈良、地名、宴席、野遊び
タイトルとURLをコピーしました