万葉集 第10巻 2234番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2234番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2234番歌

第10巻
歌番号 2234番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 詠雨
原文 一日 千重敷布 我戀 妹當 為暮零礼見
訓読 一日には千重しくしくに我が恋ふる妹があたりにしぐれ降れ見む
かな ひとひには ちへしくしくに あがこふる いもがあたりに しぐれふれみむ
英語(ローマ字) HITOHINIHA CHIHESHIKUSHIKUNI AGAKOFURU IMOGAATARINI SHIGUREFUREMIMU
一日に幾度も幾度もしきりに彼女のことが恋しくてたまらないが、そのようにもしぐれよ、彼女の家のあたりにしきりに降ってくれないか、じっと眺めていたいから。
左注 右一首柿本朝臣人<麻呂>之歌集出
校異 麿 麻呂 [元][紀][温] / 歌 [西] 謌
用語 秋雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、非略体、恋情、季節
タイトルとURLをコピーしました