万葉集 第10巻 2010番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2010番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2010番歌

第10巻
歌番号 2010番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 (七夕)
原文 夕星毛 徃来天道 及何時鹿 仰而将待 月人<壮>
訓読 夕星も通ふ天道をいつまでか仰ぎて待たむ月人壮士
かな ゆふつづも かよふあまぢを いつまでか あふぎてまたむ つきひとをとこ
英語(ローマ字) YUFUTSUDUMO KAYOFUAMADIWO ITSUMADEKA AFUGITEMATAMU TSUKIHITOWOTOKO
もう日没し、宵の明星も輝き出しましたよ。いつまで天の川を仰いで舟出を待つつもりですか、牽牛さんよ。
左注 (右柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異 牡 壮 [元][類]
用語 秋雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、非略体、七夕
タイトルとURLをコピーしました