万葉集 第10巻 2214番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2214番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2214番歌

第10巻
歌番号 2214番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠黄葉)
原文 夕去者 鴈之越徃 龍田山 四具礼尓競 色付尓家里
訓読 夕されば雁の越え行く龍田山しぐれに競ひ色づきにけり
かな ゆふされば かりのこえゆく たつたやま しぐれにきほひ いろづきにけり
英語(ローマ字) YUFUSAREBA KARINOKOEYUKU TATSUTAYAMA SHIGURENIKIHOHI IRODUKINIKERI
夕方になると雁が越えていく龍田山。しぐれに見舞われて競うように色づいてきた。
左注
校異 尓 [元][類](塙) 丹
用語 秋雑歌、奈良県、生駒郡、地名、動物、季節、属目
タイトルとURLをコピーしました