万葉集 第10巻 1853番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1853番歌はこちらにまとめました。

第10巻 1853番歌

第10巻
歌番号 1853番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠柳)
原文 梅花 取持見者 吾屋前之 柳乃眉師 所念可聞
訓読 梅の花取り持ち見れば我が宿の柳の眉し思ほゆるかも
かな うめのはな とりもちみれば わがやどの やなぎのまよし おもほゆるかも
英語(ローマ字) UMENOHANA TORIMOCHIMIREBA WAGAYADONO YANAGINOMAYOSHI OMOHOYURUKAMO
折り取った梅の花をみると本当に美しい。我が家の庭の、あの眉のような美しい柳が思い浮かぶ。
左注
校異 持 [元][類][紀] 持而
用語 春雑歌、植物、恋情
タイトルとURLをコピーしました