万葉集 第10巻 2226番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2226番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2226番歌

第10巻
歌番号 2226番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠月)
原文 無心 秋月夜之 物念跡 寐不所宿 照乍本名
訓読 心なき秋の月夜の物思ふと寐の寝らえぬに照りつつもとな
かな こころなき あきのつくよの ものもふと いのねらえぬに てりつつもとな
英語(ローマ字) KOKORONAKI AKINOTSUKUYONO MONOMOFUTO INONERAENUNI TERITSUTSUMOTONA
物思いに耽っているその私の胸の内を無情にもはっきり照らし出す秋の月、寝ようにもなかなか眠られない私をこれでもかとしきりに照らし出す。
左注
校異
用語 秋雑歌、季節、風景讃美
タイトルとURLをコピーしました