万葉集 第10巻 2227番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2227番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2227番歌

第10巻
歌番号 2227番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠月)
原文 不念尓 四具礼乃雨者 零有跡 天雲霽而 月夜清焉
訓読 思はぬにしぐれの雨は降りたれど天雲晴れて月夜さやけし
かな おもはぬに しぐれのあめは ふりたれど あまくもはれて つくよさやけし
英語(ローマ字) OMOHANUNI SHIGURENOAMEHA FURITAREDO AMAKUMOHARETE TSUKUYOSAYAKESHI
思いがけずしぐれが降ったけれど、空は晴れ渡ってきて今夜の月夜はくっきりして清らかだ。
左注
校異
用語 秋雑歌、讃美
タイトルとURLをコピーしました