万葉集 第10巻 1820番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1820番歌はこちらにまとめました。

第10巻 1820番歌

第10巻
歌番号 1820番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠鳥)
原文 梅花 開有岳邊尓 家居者 乏毛不有 鴬之音
訓読 梅の花咲ける岡辺に家居れば乏しくもあらず鴬の声
かな うめのはな さけるをかへに いへをれば ともしくもあらず うぐひすのこゑ
英語(ローマ字) UMENOHANA SAKERUWOKAHENI IHEWOREBA TOMOSHIKUMOARAZU UGUHISUNOKOゑ
梅の花が咲いている岡の麓に家居していると、梅にとまって鳴くウグイスの声がけっこう聞こえる。
左注
校異
用語 春雑歌、植物、動物、季節
タイトルとURLをコピーしました