万葉集 第10巻 2136番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2136番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2136番歌

第10巻
歌番号 2136番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠鴈)
原文 秋風尓 山飛越 鴈鳴之 聲遠離 雲隠良思
訓読 秋風に山飛び越ゆる雁がねの声遠ざかる雲隠るらし
かな あきかぜに やまとびこゆる かりがねの こゑとほざかる くもがくるらし
英語(ローマ字) AKIKAZENI YAMATOBIKOYURU KARIGANENO KOゑTOHOZAKARU KUMOGAKURURASHI
秋風の吹く山を飛び越えていく雁たちの鳴き声、その声が遠ざかっていく、雲の彼方に姿が隠れていくようだ。
左注
校異
用語 秋雑歌、動物、属目
タイトルとURLをコピーしました