万葉集 第10巻 2137番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2137番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2137番歌

第10巻
歌番号 2137番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠鴈)
原文 朝尓徃 鴈之鳴音者 如吾 物<念>可毛 聲之悲
訓読 朝に行く雁の鳴く音は我がごとく物思へれかも声の悲しき
かな あさにゆく かりのなくねは あがごとく ものもへれかも こゑのかなしき
英語(ローマ字) ASANIYUKU KARINONAKUNEHA AGAGOTOKU MONOMOHEREKAMO KOゑNOKANASHIKI
朝方飛んでいく雁の鳴き声。私のように物思いに沈んでいるからかもの悲しく聞こえる。
左注
校異 尓 念 [元][類][紀]
用語 秋雑歌、動物
タイトルとURLをコピーしました