万葉集 第10巻 1903番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1903番歌はこちらにまとめました。

第10巻 1903番歌

第10巻
歌番号 1903番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄花)
原文 吾瀬子尓 吾戀良久者 奥山之 馬酔花之 今盛有
訓読 我が背子に我が恋ふらくは奥山の馬酔木の花の今盛りなり
かな わがせこに あがこふらくは おくやまの あしびのはなの いまさかりなり
英語(ローマ字) WAGASEKONI AGAKOFURAKUHA OKUYAMANO ASHIBINOHANANO IMASAKARINARI
あの人に恋い焦がれている、その今の自分の心情は、奥山で人知れず今を盛りと咲いている馬酔木の花そのものです。
左注
校異
用語 春相聞、植物、恋情
タイトルとURLをコピーしました