万葉集 第10巻 2067番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2067番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2067番歌

第10巻
歌番号 2067番歌
作者 作者不詳
題詞 (七夕)
原文 天漢 渡瀬深弥 泛船而 掉来君之 楫<音>所聞
訓読 天の川渡り瀬深み舟浮けて漕ぎ来る君が楫の音聞こゆ
かな あまのがは わたりぜふかみ ふねうけて こぎくるきみが かぢのおときこゆ
英語(ローマ字) AMANOGAHA WATARIZEFUKAMI FUNEUKETE KOGIKURUKIMIGA KADINOOTOKIKOYU
天の川の渡し場が深いので舟を浮かべ、漕いでくるあの方の楫の音が聞こえる。
左注
校異 之音 音 [元][類]
用語 秋雑歌、七夕
タイトルとURLをコピーしました