万葉集 第10巻 1872番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1872番歌はこちらにまとめました。

第10巻 1872番歌

第10巻
歌番号 1872番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠花)
原文 見渡者 春日之野邊尓 霞立 開艶者 櫻花鴨
訓読 見わたせば春日の野辺に霞立ち咲きにほへるは桜花かも
かな みわたせば かすがののへに かすみたち さきにほへるは さくらばなかも
英語(ローマ字) MIWATASEBA KASUGANONOHENI KASUMITACHI SAKINIHOHERUHA SAKURABANAKAMO
見わたすと、春日の野辺に霞がかかっている。桜が咲き、一面を美しく染め上げている。
左注
校異
用語 春雑歌、奈良、地名、植物、季節、叙景
タイトルとURLをコピーしました