万葉集 第10巻 2270番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2270番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2270番歌

第10巻
歌番号 2270番歌
作者 作者不詳
題詞 寄草
原文 道邊之 乎花我下之 思草 今更尓 何物可将念
訓読 道の辺の尾花が下の思ひ草今さらさらに何をか思はむ
かな みちのへの をばながしたの おもひぐさ いまさらさらに なにをかおもはむ
英語(ローマ字) MICHINOHENO WOBANAGASHITANO OMOHIGUSA IMASARASARANI NANIWOKAOMOHAMU
路傍に生えるススキの根元の思い草、(これ以上)今更何を思えというのか。
左注
校異
用語 秋相聞、植物、恋情
タイトルとURLをコピーしました