万葉集 第10巻 2190番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2190番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2190番歌

第10巻
歌番号 2190番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠黄葉)
原文 吾門之 淺茅色就 吉魚張能 浪柴乃野之 黄葉散良新
訓読 我が門の浅茅色づく吉隠の浪柴の野の黄葉散るらし
かな わがかどの あさぢいろづく よなばりの なみしばののの もみちちるらし
英語(ローマ字) WAGAKADONO ASADIIRODUKU YONABARINO NAMISHIBANONONO MOMICHICHIRURASHI
我が家の門の浅茅は色づいてきた。このぶんだと吉隠の浪柴の野の黄葉は散っていることだろうな。
左注
校異
用語 秋雑歌、桜井市、地名、植物、季節
タイトルとURLをコピーしました