万葉集 第10巻 1837番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1837番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 1837番歌

第10巻
歌番号 1837番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠鳥)
原文 山際尓 鴬喧而 打靡 春跡雖念 雪落布沼
訓読 山の際に鴬鳴きてうち靡く春と思へど雪降りしきぬ
かな やまのまに うぐひすなきて うちなびく はるとおもへど ゆきふりしきぬ
英語(ローマ字) YAMANOMANI UGUHISUNAKITE UCHINABIKU HARUTOOMOHEDO YUKIFURISHIKINU
山あいではウグイスが鳴いていて草木も靡く春だと思うが、雪が降り続いている。
左注
校異
用語 春雑歌、動物、季節
タイトルとURLをコピーしました