万葉集 第10巻 2020番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2020番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2020番歌

第10巻
歌番号 2020番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 (七夕)
原文 天漢 夜船滂而 雖明 将相等念夜 袖易受将有
訓読 天の川夜船を漕ぎて明けぬとも逢はむと思ふ夜袖交へずあらむ
かな あまのがは よふねをこぎて あけぬとも あはむとおもふよ そでかへずあらむ
英語(ローマ字) AMANOGAHA YOFUNEWOKOGITE AKENUTOMO AHAMUTOOMOFUYO SODEKAHEZUARAMU
天の川で夜船を漕いでいる内に、期限の夜明けが迫ってきた。たとえ夜が明けても彼女に逢って袖を交わさずにおくものか。
左注 (右柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 秋雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、非略体、七夕
タイトルとURLをコピーしました