万葉集 第10巻 2161番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2161番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2161番歌

第10巻
歌番号 2161番歌
作者 作者不詳
題詞 詠蝦
原文 三吉野乃 石本不避 鳴川津 諾文鳴来 河乎浄
訓読 み吉野の岩もとさらず鳴くかはづうべも鳴きけり川をさやけみ
かな みよしのの いはもとさらず なくかはづ うべもなきけり かはをさやけみ
英語(ローマ字) MIYOSHINONO IHAMOTOSARAZU NAKUKAHADU UBEMONAKIKERI KAHAWOSAYAKEMI
ここ吉野川の岩場の蔭で蝦(かはづ)が動かず、じっとして鳴いている。それももっともだよ。このあたりの流れが清らかなのだから。
左注
校異
用語 秋雑歌、吉野、地名、動物、叙景
タイトルとURLをコピーしました