万葉集 第10巻 2160番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2160番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2160番歌

第10巻
歌番号 2160番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠<蟋>)
原文 庭草尓 村雨落而 蟋蟀之 鳴音聞者 秋付尓家里
訓読 庭草に村雨降りてこほろぎの鳴く声聞けば秋づきにけり
かな にはくさに むらさめふりて こほろぎの なくこゑきけば あきづきにけり
英語(ローマ字) NIHAKUSANI MURASAMEFURITE KOHOROGINO NAKUKOゑKIKEBA AKIDUKINIKERI
庭の草に激しいにわか雨が降り注ぎ、コオロギの鳴く声を耳にすると、すっかり秋めいてきたのを覚える。
左注
校異
用語 秋雑歌、動物、季節
タイトルとURLをコピーしました