万葉集 第10巻 2239番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2239番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2239番歌

第10巻
歌番号 2239番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞
原文 金山 舌日下 鳴鳥 音<谷>聞 何嘆
訓読 秋山のしたひが下に鳴く鳥の声だに聞かば何か嘆かむ
かな あきやまの したひがしたに なくとりの こゑだにきかば なにかなげかむ
英語(ローマ字) AKIYAMANO SHITAHIGASHITANI NAKUTORINO KOゑDANIKIKABA NANIKANAGEKAMU
舌のように長く伸びた秋の山の日差しのかげで鳥が鳴いている。せめてあの子の声だけでも聞くことが出来たら、どうしてこんなに嘆くことがあろう。
左注 (右柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異 <> 谷 [元][類][紀]
用語 秋相聞、作者:柿本人麻呂歌集、略体、動物、恋情
タイトルとURLをコピーしました