万葉集 第10巻 2238番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2238番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2238番歌

第10巻
歌番号 2238番歌
作者 作者不詳
題詞 詠霜
原文 天飛也 鴈之翅乃 覆羽之 何處漏香 霜之零異牟
訓読 天飛ぶや雁の翼の覆ひ羽のいづく漏りてか霜の降りけむ
かな あまとぶや かりのつばさの おほひばの いづくもりてか しものふりけむ
英語(ローマ字) AMATOBUYA KARINOTSUBASANO OHOHIBANO IDUKUMORITEKA SHIMONOFURIKEMU
大空を飛ぶ雁の大群。空を覆う羽根のどこから漏れて霜が降りてきたのだろう。
左注
校異
用語 秋雑歌、動物、季節
タイトルとURLをコピーしました