万葉集 第10巻 2212番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2212番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2212番歌

第10巻
歌番号 2212番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠黄葉)
原文 鴈鳴之 <寒>喧之従 春日有 三笠山者 色付丹家里
訓読 雁がねの寒く鳴きしゆ春日なる御笠の山は色づきにけり
かな かりがねの さむくなきしゆ かすがなる みかさのやまは いろづきにけり
英語(ローマ字) KARIGANENO SAMUKUNAKISHIYU KASUGANARU MIKASANOYAMAHA IRODUKINIKERI
雁が寒々と鳴いてからというもの、御笠の山はすっかり色づいてきた。
左注
校異 <> 寒 [新校]
用語 秋雑歌、奈良、地名、動物、季節、属目
タイトルとURLをコピーしました